あしあと


あめがふった。

あめがふった。
地面にはあしあと。
なんだか楽しくなって、
もっともっとあしあとをつけた。

かさも意味を無くして、
ただ寂しげに僕を見た。

それにも気付かず、
僕はただあしあとをつける

ひさしぶりだな、こんな気持ち。
いつ忘れてしまったんだろう…

君は僕を子供みたいと笑う。
僕は僕を子供みたいと笑う。

足跡は、二人分。

ただ歩く線を描く、君の足跡。
まるで子供みたいなぼくのあしあと。

虹のした。
ぼくらは去ったけど、その二つの足跡は
いつまでも、そこでぼくらをえがきだしていた。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
みずみちゃんからもらいました。ほんとさんきゅvv
なんかねぇ、この詩、すっごくさわやかな感じがします。
海辺みたいな、そんな気分。
私はそんな風に思ったよ♪





もらいものへ戻る。

TOPへ戻る。


女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス