☆たんぽぽのうた


道端の小さなたんぽぽを
風が優しく揺らしてる
何だかすごく心地が良いから
身体を任せて揺られてる

時々ぴたっとやんだり
いきなり強く吹いたりと
いぢわるだけどほんとは優しい
そんな風に惹かれたみたい

風は気まぐれ 自由奔放
「ここにいて」なんて頼んでもきっと
いつかはどこかに飛んでくだろう

たんぽぽは考えた
「あの風に吹かれていたい
ずっと傍にいたい
風がどこかに行ってしまうなら
僕も一緒に飛んでいこう。」

そして

たんぽぽは雲になった
真っ白で小さな雲
強い風も 弱い風も
全て受け止めて飛んでいきたくて

風は小さな雲をのせて
どこまで飛んでいくだろう
小さな雲のささやかな願い
「ずっと一緒に」は叶うかなぁ・・・

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
えーっと、これはKDの寮にアップした詩です。
詩って見る人の感性によって捉え方が全く違うんだなぁって
このときすっごく思ったのを覚えてます☆
あなたはこれを見て、何を思いますか?





うたばこへ戻る。

TOPへ戻る。


女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス